みんなで学び、
感染症と戦おう!

LINE上で感染症の治療に関する問題に答えて
感染症に対する知識向上を目標とした
教育プログラムです。

Infection Busterとは?

昨今、新型コロナウイルス感染症の流行に伴って感染症に対する知識の重要性が高まってきました。国内の性感染症蔓延やインバウンド感染症など、今後も感染症への関心と知識は必要になると考えられます。

そこで、医学部生や医師に向けて感染症の教育を行い、 感染者診療に対する知識向上を目的として「Infection Buster」を開発しました。

ミッション

我々のチームの活動を通して、
以下のような社会課題を解決していきたいと考えています。

臨床感染症への
知識の向上
アプリを通じて、
これまでの
医学教育を変える
医療従事者の感染症に
関する知識の習得状況を
把握し研究

Infection Busterでできること

簡単操作で学習
問題を選んで毎日挑戦!
過去の回答と成績確認

11月29日(月)に公開予定です
もう少々お待ちください

順天堂大学医学部
総合診療科学講座より修了証を発行
マイルストーンを達成者に発行します。

登録はこちらから

友だち登録をして1日1問問題に挑戦しよう!

過去1週間分の問題が閲覧できます。
問題のおさらいに、ぜひ活用してね!

Development

サービス開発

順天堂大学医学部総合診療科

順天堂は医育機関を併設した西洋医学の医療機関として、1838年(天保9年)に設立されました。以来約180年に及ぶ、日本で最も長い歴史と伝統を誇ります。当院の総合診療科はプライマリケア、感染症から予防医学まで幅広い領域をカバーし、日々の診療にあたっています。近年の医学、医療の進歩、変遷にともない、大学病院は高度医療の推進が求められ、必然的に専門別診療体制へ進む傾向にあります。しかし、一方において人口の高齢化などさまざまな社会的要因も反映して、疾病は多様化し、複雑化しています。従って、患者さんの多様なニーズに適切に対応する内科を中心とした総合的な臨床能力が重要となっています。その上で全人的医療や包括的医療を心掛ける部門が大学病院にも必要であり、このような医療を目指すことを理念に掲げ、当院の総合診療科は活躍しています。

Team

研究チーム

【研究責任者】
順天堂大学医学部総合診療科学講座・准教授   
森 博威
【研究分担者】
順天堂大学医学部総合診療科学講座・主任教授  
内藤 俊夫
順天堂大学医学部総合診療科学講座・准教授   
福井 由希子
順天堂大学医学部総合診療科学講座・准教授   
齋田 瑞恵
順天堂大学医学部総合診療科学講座・助教    
福井 早矢人
順天堂大学医学部総合診療科学講座・助教    
宮上 泰樹

【個人情報管理責任者】
順天堂大学医学部総合診療科学講座・先任准教授  
横川 博英

アプリ開発

お問い合わせ

Infection Busterについてのお問い合わせは以下よりお願いいたします。

    お名前必須
    メールアドレス必須
    お問い合わせ内容必須